Sample Image

1日に摂取する野菜の350g以上が目安

人は毎日の食事で必要な栄養素を補っています。
美容にも健康にもいい食べ方は、バランス良く食べることですね。

肉、魚、野菜、お米、味噌汁など、栄養バランスを考え規則正しく食事を摂っている人は、
心身ともに美しくいられます。
日本人の食卓といえば和食が当たり前でしたが、食生活の欧米化という問題もあって、
今は栄養バランスも偏りがちです。

どうしても肉が中心で、脂っこいものが多くなるので栄養バランスはかなり偏ってしまいます。
これが1週間に1度だけというのなら、分厚いステーキにこってりソースをかけていただいても問題ありません。

しかし毎日となると健康上様々な問題が出てきてしまいます。
しかし実際には、肉、魚、野菜をバランス良く食べるのはとても難しいことですね。

例えば野菜の場合は、1日に摂取する野菜の量は350g以上が目安だとされています。
これを実際に野菜で食べるとなると、何をどのくらいずつ食べればいいのでしょうか?
野菜といってもいろいろな種類があるので、ここでは一例を紹介しておきます。
トマト2分の1個、ピーマン1個、ニンジン2分の1本、アスパラガス2本、オクラ3本、
春菊一掴み、ほうれん草半束、長ネギ1本、ごぼう2分の1本、キャベツ1枚、レタス1枚
最低でもこれだけの量を1日に食べないといけません。

分量はあくまでも目安なので、1個あたりの大きさや太さによって変わります。
どんなに野菜好きな人でも、毎日これだけ多くの野菜を食べるのはそう簡単ではありませんね。
そんな時に役に立つのが、青汁です。

青汁には緑黄色野菜の栄養素(ミネラル&ビタミン)や、食物繊維が豊富に含まれています。
使用する青野菜の原料によって栄養素も変わってきますが、
1日に必要な350gの野菜をコップ1杯の青汁で補うことができればこんなにいいことはありませんね。

青汁というとどうしても、クセが強かったり苦味が強いので苦手意識を持つ人も多いのですが、
最近の青汁は飲みやすい味に改良されているので美味しくなっています。
無料で試せる青汁商品もありますので、そういった無料お試しを活用して、口に合う青汁を見つけていくと良いでしょう。

抹茶風味のものが多いのですが、ミルクで割って抹茶ミルクのようにして飲むこともできます。
そのままでもよし、好きなジュースで割ってもよし、これも青汁の魅力です。
こちらの青汁が苦手な人でも飲める青汁についての解説も大変興味深いです。ぜひご覧ください。


サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.