Sample Image

青汁1包の容量3gを一日に2、3回が目安

今はたくさんのメーカーから青汁が発売されています。
青汁がブームになった当初からずっとロングセラーになっている青汁もありますね。
青汁の形状もいろいろあります。
液体状の青汁を冷凍し、自然解凍してから飲むもの。
1回分1包ずつに小分けされている、粉末や顆粒状のものは、水やジュースなどに入れて混ぜて飲みます。
いちいち溶かす必要のない、錠剤になったサプリメントタイプの青汁もありますね。
しかし一番多いのは、1包ずつ小分けされている粉末タイプです。

これもメーカーによって多少の違いはありますが、1包あたりの量は約3g平均となっています。
1日あたり1包〜3包の間で、自分に合った量を調節できます。
青汁には豊富な食物繊維が含まれているので、最初からたくさん飲んでしまうと
http://blog.thedebianuser.org/006nanbai.htmlにもかいてあるようにお腹を壊してしまうこともあります。
もしも1日あたり3包が目安となっているなら、
初めて飲む場合は1包〜2包とすこし少ない量で飲み始めてみましょう。
数日経過してなんの問題もなければ、2包〜3包に増やしてもいいでしょう。
こちらには話題の青汁ダイエットの方法と成功させるためのコツが紹介されています。

美容と健康維持に役立つからといって、1度に大量に飲んでも効果は変わりません。
青汁には豊富な栄養素が含まれていますが、たくさん飲んでも吸収しきれない分は
排出されてしまうので無駄になってしまいます。
メーカーによって必ず1日あたりの必要量の目安が書いてありますので、必ずそれを参考にしましょう。
青汁に含まれる栄養素の中には、過剰摂取しても吸収されない分は自然と排出されるものばかりとは限りません。
飲み過ぎることで逆に、体調不良を引き起こすこともあるので注意しましょう。

配合している成分は、商品のパッケージや説明書に必ず記載されていますので、
それを参考にするといいでしょう。
しかし青汁は薬ではなく、栄養補助食品の位置づけです。
1日あたりの目安が3包だったとしても、必ずしも3包飲まなければいけないというものではありません。
1日あたり3包を上限とするという意味なので、それ以下であっても全く問題はありません。
青汁に含まれているビタミン類の解説も、ぜひ参考になさってみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.