Sample Image

明日葉の栄養価とカルコン成分

青汁の原料となる緑の野菜は植物にもいくつかの種類があります。
青汁といったらケールや大麦若葉が有名ですが、
明日葉を原料にした青汁も飲みやすいことから人気があります。
明日葉はお茶として、茶葉も販売されていますし、
他にも明日葉を使ったお菓子やサプリメントなども数多く存在しています。
摘んだばかりの明日葉を、天ぷらやおひたしにして食べても美味しいですね。

明日葉は主に、大島や八丈島といった暖かい地域で栽培されています。
今日刈り取っても明日にはまた芽を出すとも言われている、生命力のある植物としても有名ですね。
明日には生えてくるというところから、明日葉と呼ばれるようになりました。

青汁の原料になるくらいですから、豊富な栄養を含んでいます。
食物繊維やビタミン&ミネラルはもちろんですが、
明日葉ならではの成分カルコンは特に注目度の高い成分です。
カルコンというのは明日葉の茎を切ったときににじみ出てくる、黄色い樹液のような液体で、
ポリフェノールの一種です。
ポリフェノールには高い抗酸化作用があるのは、みなさんもよくご存知ですね。
カラダの中に発生し毒素や老廃物のもとになる、活性酸素を除去する効果が期待できる成分です。
これにより、青汁で体のむくみをとることができるのです。
活性酸素を除去する効果も明日葉ならではの魅力でしょう。
健康維持にも欠かせませんが、シミや肌のくすみの原因にもなるので女性にとっては見逃せない効果と言えます。

青汁の中には女性向けに作られたものもありますが、
明日葉を原料としている青汁には高い美容効果も期待できるので女性にも人気があります。
ケールのように独特のクセもなく、
スッキリと飲みやすい青汁になるので美味しいという点でも人気があります。
そのまま食材としても食べられる明日葉なので、青汁にしても美味しく飲めると想像できますね。
中には子供にも飲みやすいように、ほのかな甘味をプラスしているものもあります。
そのままでは飲みにくい場合には、ミルクに混ぜれば抹茶ミルクのように美味しくいただけます。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.