Sample Image

栄養豊富な大麦若葉ってどんな植物?

青汁の原料となる緑の野菜にもいくつか種類があります。
青汁が注目され始めた当初は、青汁といえばケールでした。

ケールは高い栄養価のある野菜なので、青汁にはピッタリなのですが独特のクセがあります。
美容や健康のためにとわかっていても、飲みにくいと感じたり、まずいものは長続きしませんね。

そこで各メーカーでは、青汁の栄養や成分をそのままに、より飲みやすくするような改良や工夫をするようになりました。
ここで注目されたのが、大麦若葉です。

大麦若葉という名前からも想像できるように、麦の一種です。
しかし一般的にイメージする茶色い麦ではなく、麦になる前の若葉の状態で収穫するので緑色をしているのです。

大麦若葉にはケールに負けないくらいの、豊富な栄養素が含まれています。
ビタミンやミネラル&食物繊維はもちろんのこと、
マグネシウムやカルシウム、鉄や亜鉛なども含まれています。

最大の特徴は、大麦若葉にはクセや苦味がないことです。
一昔前の青汁はケールが主流でしたが、現在では大麦若葉を使った青汁が主流となっています。

ここに緑茶や抹茶を加えることで、さらに飲みやすく香り豊かな青汁になります。
栄養も豊富でクセがないので、大麦若葉を使った青汁は美味しくて飲みやすいと
とても評判がいいですね。

大麦若葉を使用している青汁も沢山種類がありますが、有名で人気のあるものというと、
青汁三昧や、やずやの養生青汁があります。
どちらも大麦若葉を主原料にしているので、くちあたりもまろやかで美味しい青汁として人気があります。

他にも大麦若葉以外にも複数の緑野菜を原料にして、
味も飲みやすく工夫しているものがたくさんあります。
メーカーによっては無料サンプルや、初回限定のお試しセットなどがあるので
いろいろ比較してから決めるのもオススメです。

メーカーによっては1ヶ月分を半額で試せる、キャンペーンなどもあるので
賢く利用してお得に試すこともできます。
いろいろ試して自分にぴったりの青汁を見つけてください。
粉末・フリーズドライタイプの美味しい飲み方についての解説も、ぜひご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.