Sample Image

効果・効能と薬事法

例えば医薬品や医薬部外品の場合には、臨床実験を行いその効果や効能を確認して初めて、
薬の説明として、効果や効能を記載できます。
もちろんこれには、厚生労働省の許可が必要になります。

これは日本の法律のひとつ、薬事法という法律で定められていることです。
医薬品や医薬部外品には、必ず箱やパッケージ、薬の説明書に効果や効能を記載します。
逆の言い方をすれば、これ以外の商品には効果や効能を記載することができないのです。
しかし一般的に販売されているものの中には、医薬品や医薬部外品以外のものも多く存在していますね。

その代表的なものが、サプリメントや青汁です。
サプリメントや青汁は、健康食品や栄養補助食品という位置づけです。

商品を開発するときに、どのような成分にどんな効果が期待できるのかなどは
ある程度確認して作りますが、薬事法のため効果や効能をはっきりと記載することができません。
例えば青汁を飲むと風邪が治るとか、健康になれます、
といったような具体的なことを記載するのは法律違反になってしまうのです。

実際に青汁やサプリメントのパッケージや説明書には、
具体的な効果や効能ははっきりと記載されていません。
しかしこれでは商品を選ぶときに、決め手になるものがありませんね。

青汁を買おうと思っている人、試してみたいと思っている人が、
その青汁にはどんな効果が期待できるのかをアピールすることも必要になります。
そこで、健康食品や栄養補助食品には、はっきりとした効果や効能を記載するのではなく、
「健康的な毎日を送りたい人へ」とか「年齢に負けない若々しさをキープしたい人」といったように
その言葉から効果をある程度連想できるようにさりげなくアピールするのです。

青汁の場合は食物繊維が豊富なので、便秘解消のために青汁を飲みたいと考える人もいますね。
そういう方には青汁とオリゴ糖を組み合わせて飲むことをおすすめしますが、
商品のパッケージには「スッキリとした毎日を」というように、
便秘解消を連想されるような言葉でアピールします。

これなら薬事法違反にはならないので、各メーカーで色々な言葉を使っています。
実際に使用した方たちからのアンケートを基に作られた効果が実感できた製品ランキングがこちらにあります。

是非、参考にしてください。

こちらのプレーンヨーグルトとの組み合わせについての解説も参考になると思います。ぜひご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.