Sample Image

抗血栓薬を服用中は避ける

抗血栓薬を服用中は青汁を避けたほうがいいと言われています。
健康のために飲むものなのに、なぜ飲んではいけないのでしょうか?
これには理由があります。

生活習慣病の中に脳溢血・脳卒中・脳梗塞等がありますね。
こうなる原因にもいろいろありますが、この病気の場合は長い間の食生活や生活習慣の影響で、
血液がドロドロの状態になっています。

みなさんもよくご存知のように、血液がドロドロの状態というのは
様々な病気を引き起こす原因にもつながります。
そこでこのような病気を経験した人や、まだ病気を発症していないが高い確率でなるであろうと
診断された場合には、血をサラサラにする抗血栓薬を服用します。

薬の名前にもいろいろありますが、抗血栓薬として有名なのは「ワーファリン」です。
血をサラサラにすることで、病気の再発や発症を防ぐことができます。
しかしワーファリンを飲んでいる人は、薬を処方するときの注意事項として、
納豆やクロレラや緑色の野菜を食べてはいけないと言われます。

これは納豆や緑色の野菜には、ビタミンKが多く含まれているからです。
ビタミンKというのは、抗血栓薬とは全く逆の作用をします。
例えば切り傷ができたとき一瞬血が出てきますが、
傷口を押さえておけばしばらくすると血が固まってかさぶたができますね。

血を固めかさぶたを作るのは、このビタミンKの働きなのです。
病気の治療や予防で、血をサラサラにするために抗血栓薬を飲むわけですから、
これと真逆の効果があるビタミンKはNGとなってしまいます。

青汁は緑色の野菜を主原料にしているので、ビタミンKも豊富に含まれています。
従って抗血栓薬を飲んでいる人は、健康維持のためにと思っても青汁を飲むことができません。
他にも青汁の副作用を知りたい方は、こちらもご覧ください。

しかしメーカーによって、ビタミンKの含有量は全くちがいます。
どうしても青汁を飲みたいという場合には、担当医に相談して、飲んでいいかどうか確認することが大切です。

しかしせっかくの薬の効果を消してしまうのでは意味がありませんので、
ほかの方法で健康維持につとめるのがいいかもしれませんね。
こちらのサイトでは青汁を加えた料理について解説しています。とっても役に立つので、ぜひご覧ください!
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.