Sample Image

「中嶋農法」でミネラルバランスがしっかりと管理された土壌で栽培されている青汁

青汁の原料となる青い野菜も種類がありますし、どの野菜を使うかもメーカーによって変わって来ます。
「中嶋農法」でミネラルバランスがしっかりと管理された土壌で栽培されている青汁、
これはファンケルから発売されているケールの青汁のことを言っています。

中嶋農法というのは、作物を育てるにあたり、土壌作りからこだわる農法のことです。
土の健康診断をするという徹底ぶりも有名ですが、土壌を徹底的に分析し、
作物が育つ理想的な土作りから始めて行きます。

土壌が完成してもそこで終わりではありません。
種を植え芽が出たら、季節や気温によって生育状態も変わるので、
状況に合わせて葉面散布剤を使い分け常に理想的な状態をキープします。

普通に作物を育てるだけでもそれなりの苦労がありますが、
中嶋農法ではさらに手間暇かけた農法を取り入れることで、高品質の作物に育て上げるのです。
ファンケルの青汁には、この中嶋農法で作られた質の高いケールを使用しています。

1日に必要な野菜の量は350gだと言われていますが、その中には緑黄色野菜120gも含まれています。
ファンケルの青汁粉末は、1包で緑黄色野菜40g相当を補うことができます。
1日3包を目安にしているので、これを飲むだけで1日に必要な緑黄色野菜の量はクリアできますね。

コップ1杯のお水に溶かして飲むだけなので、とっても手軽です。
1包ずつスティック状になっているので、携帯にも便利です。
いつもの食事に青汁を1杯プラスするだけなので、難しいこともなく、
面倒な下ごしらえなども必要ありません。

外食が多いとどうしても栄養バランスが偏ってしまうので、
外食の時にもコップのお水に溶かして飲めば、栄養バランスも整います。
初めての場合には通販限定のお試しセット等も用意されています。

10日分の青汁をたったの780円で試せるのは、お得ですね。
専用シェーカーもついていますし、無期限返品保証もあるので安心して試せます。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.