Sample Image

「大麦若葉」と「ケ−ル」、「ゴーヤー」の原料がふんだんに使用されて飲みやすい青汁

「大麦若葉」と「ケ−ル」、「ゴーヤー」の原料がふんだんに使用されて飲みやすい青汁といえば、
テレビCMや通販番組でもおなじみの青汁三昧ですね。
ダイレクトテレショップから購入できます。

青汁の原料にもいくつかの種類がありますが、青汁三昧にはケール・大麦若葉・ゴーヤーといった3種類の緑の野菜を使用しています。
1種類の野菜では栄養バランスに不安があるので、3種類の野菜を選びブレンドしています。

ケールは青汁の原料としては有名ですね。
大麦若葉はケールに負けない程の栄養価の高い野菜です。
ゴーヤーやゴーヤーチャンプルでもおなじみの、苦味が特徴的な野菜です。

それぞれの野菜には特徴もあります。
ケールは栄養バランスもよく食物繊維も豊富で、栄養価の高い野菜ですが、
中でもベータカロテンを豊富に含みますが、少しクセのある野菜です。

大麦若葉は、食物繊維とビタミンCを豊富に含み、食事で摂取するのが難しい鉄分も豊富です。
ケールに比べてクセもなく、抹茶のような風味なので美味しい青汁になります。

ゴーヤーは言うまでもなくビタミンC豊富な野菜ですが、苦味が強くなります。
ケールとゴーヤーのクセを、大麦若葉が見事に調和してくれるので、
苦味がなく抹茶のように美味しい青汁だと評判です。

青汁に苦手意識を持っている人も、飲みやすい青汁だと高く評価しています。
1包ずつ小分けになっているので携帯にも便利ですし、1箱に60包はいっているので
たっぷり1ヶ月間試せます。
1包3gの中に、ビタミンや鉄分をはじめとした20種類の栄養素が含まれています。

通販番組でもおなじみですが、1箱60包いりで6,000円のものが、
定期コースで注文すると半額の3,000円になります。
青汁は毎日続けることも大切なので、定期コースならよりお得に試すことができますね。

価格も魅力的ですが、1箱でビタミンCをレモンの19.8個分、
食物繊維をキャベツの3.8個分など豊富な栄養素を手軽に摂取できるのがいいですね。
青汁の効果効能はアンチエイジングや生活習慣病の予防、アトピー対策など多岐にわたるので、お試しください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zyoseibiyou All Rights Reserved.